view as one | list | cloud

 

携帯電話でアクセスした方は
こちらへどうぞ
自動車ローン攻略!携帯版



Archives
Syndicate
Admin
 
ここまで来れば、あと少し

さて、自動車ローンの金利を値切る・・・

大詰めの交渉に入ります。

現金で購入するとして、支払い総額の見積もりを出してもらい
値引き交渉も済んで・・・

そこで、契約をしないで、いったん帰宅して・・・

翌日に、もう一度、自動車販売店を訪ねて下さい。

行く前に、連絡しないで、突然 行くのが良いと思います。

すると、自動車販売店の心理としては

「買う気のあるお客さんだ!契約しに来たのでは?」

と、思ってくれると(私は)思います

そこで・・・話をこう切り出すのです・・・




「実は、現金で購入しようと計画を立てていたのですが、
現金を手元に置いておきたい事情ができまして・・・
自動車ローンで、購入しようかと思うのですが・・・」

そして、続けて、こう話して下さい

「金利の事を考えて、銀行の自動車ローンを申し込もうと
思っているのですが・・・手続きが面倒で・・・
しかも、仕事の都合で、銀行に行く時間がなかなか無くて・・・」

そして、ここで、本来の目的を話します

「もし、こちらで銀行並みの金利で自動車ローンが使えるのなら
今すぐ、申し込みをしても良いのですが・・・
無理でしょうか?」

こう、話をして、相手(自動車販売店)の返事を待ちます・・・。

私は、この様に交渉すれば
普段その自動車販売店で使っているよりも
金利を下げてくれる可能性が、高いと思います

その理由は、
最初からローンのバックマージンは無いものとして商談していますので
その自動車販売店にバックマージンが入らない安い金利を使っても
損はないという事と・・・

お客さんが独自に銀行でローンを組むという事は
銀行ローンの場合、必要書類をそろえるのに時間が掛かったり、審査の結果が出る日数が長かったりと
自動車販売店に入金になるまで、時間が掛かるデメリットがあります。

いつも利用しているローン会社の自動車ローンを利用してもらった方が
入金が早いし、審査がOKになった段階で、入金が100%確実になるので
たとえ、バックマージンが無くても、自動車販売店にはメリットが多いのです


次の記事→自動車ローン金利を値切る最終的には


ここまで交渉しても、金利を値引いてくれなかったら
引っ込みがつかないですよね・・・

でも、安心して下さい
その場合はこちらの記事を参考にして下さい→自動車ローン・会社に内緒で低金利を・・・




comment(0) | trackback(0) | edit
オリックス銀行カードローン